【指輪の選び方】プラチナより安いのに指輪としておすすめの素材

指輪の素材と言うと、プラチナやゴールドを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、最近では、見た目はプラチナに近い輝きを持ちながらも、価格はプラチナよりも安価という素材がいろいろとあります。
そこで、指輪に使われる安い素材の種類についてご紹介します。
それぞれの種類ごとに素材の特徴はさまざまです。どの素材にしようか迷った時の参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社会人の手帳がキャラクターなのは有りか無しかの意見と選び方

自分のスケジュール管理はどうしていますか?最近は携帯やアプリで管理している人も増えているようですが、...

マグカップは蓋付きがオフィスでおすすめ!メリットや選び方

オフィスでのほんの一息に飲み物を飲むときに使えるマグカップ。蓋付きのものならオフィスでもとても便...

プレゼントボックスの作り方と中身に入れたい手作りの仕掛け

誕生日やいろいろな記念日に、手作りでいつもと少し違うプレゼントを贈りたいという方におすすめなのがプレ...

ペンのグリップがベタベタに!ゴムのベタつきを取る方法を解説

使用しているペンのグリップがベタベタになってしまい、使う時に不快感を感じてしまうこともあります。...

スポンサーリンク

指輪の安い素材としてチタンが人気の理由

指輪の代表的な素材のプラチナは、とても高純度で美しい白い輝きが特徴的

しかし、希少価値が高い分、価格も高くなってしまうのがネックですよね。

プラチナまでは手が届かないけれど、指輪をプレゼントしたいと思う方はたくさんいらっしゃるでしょう。
他の素材で指輪を探すなら、純チタンはいかがでしょうか?

純チタン製のジュエリーは金属アレルギーの方でも使えるということで人気

プレゼント相手のアレルギーについてはよくわから無いという方でも安心してプレゼント出来ますよね。

チタンリングのメリットはアレルギーフリーということだけではありません。
チタンリングはプラチナよりも軽いですし、つけたまま温泉に浸かることも出来ます。
また、チタンにはプラチナの様な白銀色の他に、いろいろなカラーが揃っていますから、お好みで選ぶことができます。
その上、変色もしません。
「普段使いできる指輪」として贈るなら、ピッタリの素材ですよ。

ただし、貴金属ではないのでプラチナやゴールドよりは少し安く手に入れることができますが、加工が難しい為セミオーダーなどのリングになると、それほど安いわけではありません。
また、貴金属ではないので資産価値は無いと言う点にも注意しましょう。

プラチナの指輪に近い見た目で価格は安い素材のパラジウム

とにかく安い素材の指輪を選びたいということであれば、選ぶ素材はパラジウムです。

最近ではパラジウムをメインに使った指輪もありますが、元々はゴールドなどの他の素材を安定させるために配合していた素材です。
そのため、プラチナに比べとずっと安く購入することができるのです。

パラジウムは見た目の美しさがプラチナに引けをとらない点もメリットでしょう。

パラジウムは白銀色。
プラチナのような美しい輝きを放ちます。

プラチナよりも軽いので使いやすい点もメリットでしょう。

ただし、パラジウムは金属アレルギーを起こしやすい素材です。
プレゼント相手の体質については事前にリサーチが必要になりますね。

また、アレルギーのない方でも、金属が溶け出しやすい素材なので汗をかく予定のときや温泉では外しておく方が良いでしょう。

パラジウムにはこの様なデメリットもありますが、安価でプラチナ並みに美しく軽いという点では、十分に魅力的な素材と言えるでしょう。

ステンレスは指輪にも加工されるプラチナよりも安い素材

指輪の素材として安いものには、もうひとつステンレスがあります。

ステンレスは医療器具などに用いられ、金属アレルギーの方でも使える素材としてチタン同様にメジャーですよね。

ステンレスはプラチナほどの輝きはありませんが同じ様な色合いをしていて、名前の通り錆びにくく汚れにくい素材です。
さらにとても硬度の高い素材でもあります。
素材の特徴上、お手入れが簡単なこともメリットですよね。

安い・錆びない・硬いと三拍子揃って、どんな場面でも気軽につけられる素材です。

デメリットを挙げるなら、チタンとは違いカラーバリエーションが無いことでしょう。
また、素材のメリットでもある硬度は、場合によってはデメリットにもなりえます。
きつい指輪を無理にはめるようなことは、控えてくださいね。

指輪の定番素材、耐久性の高いプラチナは結婚指輪としても人気

プラチナに変わる安い指輪の素材をご紹介してきましたが、結婚指輪として人気があるのはやはりプラチナです。

プラチナの特徴は、高純度な美しい白い輝き、そして希少価値が高いこと、重厚感があることでしょう。

「高純度=純粋」、「希少価値=最愛の人」というイメージ、そして白金という結婚のイメージにピッタリなカラーから、ブライダルジュエリーとして人気が高いのです。

ダイヤモンド細工を施しやすいとう言う点も、人気の秘密の1つでしょう。

更に、プラチナには変質しにくいメリットがあるので、温泉もOKなのです。
汗をかくときでも変質の心配が少ないと言われます。

普段づかいしやすいのに、美しい輝きで希少価値が高いという点は、一生に一度の大イベントに相応しい指輪ですよね。

ゴールドの指輪はデザイン性が高いのが魅力

指輪の素材としてはプラチナに並んでメジャ-なゴールドも、おすすめの素材です。

ゴールドも錆びにくい素材ですよ。
また、デザイン性の高さもメリットです。

柔らかい金属の為、刻印や装飾など細かな細工ができるためデザイン性の高い指輪が多いことが特徴なのです。

しかし、柔らかい金属だからこそ、取扱には注意が必要になります。

ゴールドのジュエリーをよく見ると、「24K」や「18K」と刻印されていませんか?
「24K」はゴールドの純度が高く金貨などにも使われる素材で、その分価値も高くなりますが、硬度は低くなります。

「18K」はゴールドの含有量が75%で、パラジウムなどが配合されています。
ゴールドの純度は低くなりますが、他の素材が配合されることで強度が増してアクセサリー加工しやすい金属になるため、様々なデザインを楽しむことが出来ます。
また、加える素材によって、イエローゴールドやピンクゴールドといったカラーを楽しめるのです。
ゴールド純度が低いので価値も下がりますから、普段遣いならこちらの方が使いやすいでしょう。
指輪に使われる素材の特徴を理解して、プレゼント相手にぴったりな指輪を選びましょう。