離婚後の仕事探し!女性が生活を安定させるために大切なポイント

離婚した後に仕事探しに悩む女性も少なくありません。子供もいるのであれば、それは尚更です。離婚後の女性の仕事探しは簡単ではないからです。

そこで、女性の離婚後の仕事探しについておさえておきたい大切なポイントをお伝えしていきましょう。

仕事を見つけることで少しでも安心した生活を送ることができます。
ぜひ参考にあなたに合った仕事を見つけて、前向きに頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の小遣いが10万は多い?小遣い10万に見合う年収と平均額

旦那さんのお小遣いは小遣い制度ですか?お小遣いを渡しているという家庭は多いようですが、気になるの...

旦那さんのお小遣いはお給料の何割?お昼代を含むと◯万円

旦那さんの小遣いはお給料の何割であれば、丁度いいのでしょうか?何気なく、同僚のお小遣い金額を聞いたら...

ボーナス出たら旦那へのお小遣い別途渡す?決めるのは話し合いで

 ボーナスが出たら、旦那さんに月々とは別にボーナスの中からお小遣いを渡しますか? 一昔前は、夫は...

スポンサーリンク

離婚した女性の仕事探しは諦めない強い気持ちが大事

離婚したあとの仕事探しは、1回のチャレンジで上手くいく可能性は高くありません。

特に離婚後の女性ということで、これまでの仕事探しと比べても難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

大切なのは諦めないということ

やはり、何度も面接を受けて落ちるということを繰り返していくとどうしても気持ちが弱ってしまい「どうせだめなんだ」「もう働ければどこでもいいや」といった投げやりな気持ちにもなりやすいです。

しかし、上手くいかないことは悪いことばかりではありません。

面接に対する受け答えも、数を重ねることに慣れてきますし、諦めずに色々な企業を受けていくことでいつかは自分を必要としてくれる企業と出会えるのです。
途中で諦めて条件を変えたり、どこでもいいと諦めていたら出会えなかったとういうことになります。
始めから、すぐには決まらないものと思うようにしたり、面接がダメだったとしても引きずらないでおける強さをつけましょう。

女性は離婚後にかかる生活の費用を考えた仕事探しが必要

離婚後は自分の収入だけで生活していかなければいけないので、どれくらいの生活費が必要なのかを把握しておく必要があります。

仕事探しのポイントとして重要なのが給与面

離婚後に国や自治体からでる手当もあるので、それらを考えた上でひと月どれくらいの収入があれば困ることなく生活できるのか考えましょう。

将来に備えて貯蓄するとなればその分の金額も必要です。

もし、これを把握していないと1つの仕事だけなくいくつか掛け持ちしなくてはいけなくなります。
そうすると家事や育児もあるので、頑張りにも限界がきてしまいます。

生活費をきちんと把握しておくことは大切

離婚後はアパートを借りて済むのか、実家にもどって暮らすのかでも実際に必要なお金は変わっていきます。
生活にかかる費用を出す時にはギリギリよりも少し余裕をもって設定するとなにかあったときに困ることは少なくなるでしょう。

離婚した女性は安定して働くことができる仕事を探しましょう

就職先を探す時には今だけを考えるのではなく、未来についても考えて探すようにしましょう。

今の生活を考えた仕事探しは大切だが長続きさせる事も大切

しかし、子育てが終わったあとも自分の人生は続きますし、せっかく採用されて働くのであれば安定した環境で働けるのがいいですよね。

長く働けるポイントの一例として給与面の安定、体力面での安定、企業として歴史のあるところなどがあると思います。体力面の心配をするのであれば、力仕事ではないコールセンターや保険の外交員という仕事もあります。
体力に自信がある人は、介護の仕事を考えてみるのもいいでしょう。
自分がやりがいを感じて続けられるということも安定して働ける要因の1つですね。

仕事先を決めるときに考える事としては定年までもしくは近くまで働けることができそうかどうかとうこともあると思います。

見極めるのが難しい「安定」ですが給与面なのか、気持ちの面なのか、会社の体制なのかは人それぞれだと思うので自分が納得して更に安定して働き続けることができる仕事を探すようにしてみましょう。

子育てとの両立を考えた仕事探しをしましょう

離婚後に仕事を探す際には、子どものことも十分に考えて行いましょう。

これからは働きながら子育ても今まで通りに行う必要があります

子どもが小さいうちは保育園に通わせることができると朝から夕方まで働くことができます。
小学生だと、学校後に学童に通ってもらったりすることを考えることもできます。

それ以上になると部活で帰りが遅かったり、一人である程度は留守番もできるので、日中の勤務時間に対しては不安になることは少ないと思います。

しかし、仕事によっては夜勤があったり残業が多くあったりするところもあるので、そういったところは子育てとの両立はしずらくなります。

もしくは、子どもが体調を崩したときに休むことができない、難しいということも両立といった面ではむずかしいということになります。

仕事探しをする時には、収入のことも考えなくてはいけないですし、子育ての両立ができるのかもポイントとなります。どんな仕事を探すときでも、子育てをきちんとできる環境かどうかは確認しておくことが大切です

離婚後の仕事探しに役立つ資格を取得しておくのもおすすめ

離婚を考えている人は、その先に働かなくてはいけないことは十分わかっていると思います。

離婚後から仕事探しを始める場合には、その仕事探しがうまくいくように準備をしっかりとしておくことをおすすめします。

離婚前に資格をとる

仕事によっては資格を持っていることで有利になるものや、資格がなければ働けないものも多くあります。資格によっては通信で勉強し取得できるものもあります。どんな資格を取ればいいのかわからない時には、一度どのような求人があるのか調べてみましょう。

また、どんな仕事を考えているかによっても必要な資格やスキルが違うので手当たりしだいにとるよりも、どれか決めて一生懸命取り組んだほうがいいでしょう。

事務職を考えているのであれば、医療事務や簿記をとったり、パソコンの基本的な使い方から応用まで一通り勉強してみましょう。

仕事の種類によっては、働きながら資格取得ができるものや資格がなくても働けるものもあります。

しかし、企業としては同じ条件で資格がある人とない人がいた場合には、やはり資格を持っている人を選ぶことが多いと思うので前もって勉強し資格を取っておいたほうがいいのではないかと思います。