タクシーの運転手の年収は歩合制、頑張った分だけ稼げる

タクシーの運転手というとあまり年収が良くないイメージがありませんか?
しかし、その反面とても稼げると言う話も耳にします。
実際のところはどうなのでしょうか?

ここではタクシー運転手という仕事の年収についてご紹介します。
また、タクシー運転手が稼げると言わる理由についてや、稼ぐためにするべき事も紹介しますので、これからタクシー運転手を目指してみようと考える方はぜひ一読してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

広告の営業のコツとは?必要なスキルと気持ちの作り方について

広告の営業ではどのようなコツが必要なのでしょうか。仕事の相手がひとつではない広告の営業だからこそ必要...

請求漏れ!判明した時の対処やお詫びのための文例を紹介

経理の仕事をしていると、あってはいけないけれど発生してしまうこともある請求漏れ。請求漏れが判明し...

ご入金のお礼を伝えるメールの書き方について

ハンドメイド作品の販売はネットを使うことでとても手軽にはじめられるようになりました。自分の作った...

No Image

転職成功のコツ【自己PR方法】未経験の職種に転職するときは

未経験の職種への転職を考えている人の中には、どのように自己PRをすれば良いのかわからずに頭を悩ま...

トラブル発生の経緯をまとめた報告書を社内向けに作る方法

仕事でトラブルが発生した時には、その経緯を報告書として提出するように求められることがあります。こ...

パワーポイントで良いプレゼン資料を作る!例も交えて紹介

顧客獲得のためには良いプレゼンは欠かせません。では良いプレゼンとはどのようなものなのか?それ...

仕事の目標を立てにくい事務職の目標管理シートの書き方をご紹介

目標管理制度を導入している職場の場合、目標管理シートの提出を求められることになります。しかし...

キャンセルメールの書き方、インターンのキャンセルのポイント

就職先を選ぶために有効なインターンへの参加ですが、様々な事情からキャンセルしなくてはならないことがあ...

No Image

長所と短所の上手なアピール方法。面接官の印象が良くなる答え方

面接では必ず聞かれる質問の一つに、「あなたの長所と短所を教えて下さい」という質問があります。その場で...

納期が遅れそうな時の対応は迅速に。謝罪の仕方について

納期が遅れるのはとても重大なミスです。しかし、どんなに気をつけていてもヒューマンエラーはゼロには...

No Image

医療事務になりたいなら、その理由を明確にしよう

医療事務は、全国どこでも働ける、子育てしながらでも働きやすい、資格がなくても働ける、などといった理由...

夏の就活における、服装の着こなし方のポイント

夏は就活における大事な時期です。面接の時にどんな事を言うべきかも大切ですが、その時の服装も大切で...

事務未経験が自己PRで採用を勝ち取るためのポイントを紹介

事務が未経験でも事務へ転職したいと願うあなた。自己PRでどんなことをアピールしたらいいのか悩んでいま...

30代・ニート女性が脱ニートをする方法!無職からの就職活動

30代でずっと実家暮らし。仕事もせずにずっと親のスネをかじってニート生活をしている女性の中には、自分...

請求書の間違いに気付いた時のお詫び状の書き方とポイント

請求書を作成した段階で間違いに気付かず、そのまま取引先へ書類を送付してしまう場合があります。金額...

スポンサーリンク

タクシー運転手の年収の平均について

前職を退職した後なかなか新しい仕事が決まらない。よく求人でタクシーの運転手の募集を見かけるけど、年収が良くないイメージがあるしどうなのだろうとあまり良いイメージを持っていない方が多いのではないでしょうか。

実際にタクシーの運転手の年収は、全国平均ですと300万円前後なので一般的なサラリーマンよりも低くお世辞でもあまり良いとは言えません。

しかし、会社や地域によっても大きく変わり、多い方ですと1000万近く稼いでいるタクシー運転手の方もいらっしゃいますので、タクシーの運転手=給料が低いとは言い切れません。

タクシーの運転手の年収は歩合の要素が大きい

タクシーの運転手は、頑張ったら頑張っただけ稼ぐことが出来る歩合要素が大きいのが特徴です。

自分の捕まえたお客さんから頂いた料金である売上の「半分」近くを給料として支給される事が多いので、仕事ができる人はたくさん稼ぐことができますし、逆にお客さんを捕まえることが出来ないと、非常に年収も低くなってしまいます。

また、年齢でも年収が大きく変わります。20代半ばから20代後半の間で年収のピークを迎えて、40代~後半を過ぎた当たりから徐々に低下していきます。

なぜ若いときが一番給料が良いのか。それは、体力の違いにあります。

20代ですと、体力も有り余っているでしょうから、夜勤や長時間の勤務でとても大活躍します。しかし、50代にもなると体力も衰えているため、一番お金が入る良い時間帯に活躍する事ができません。

そのため、長年同じところで働き、地位を築いた結果給料が上がるサラリーマンとは違い、働き盛りの20代が一番給料が多く歳を取ると徐々に給料も下がっていきますので、タクシーの運転手を目指す場合は、将来の事もよく考えることがより大切です。

タクシー運転手の年収は地域やタクシー会社によっても異なる

上記で触れたように、歩合制であるので働きぶりで年収が変わりますし、年齢も大きく影響してきます。しかし、これだけではなく地域や務めるタクシー会社によっても年収は大きく異なってくるのです。

年収が多い地域はやはり首都圏に集中しているようで、年収が低い地域と比べると200万円近くの差が出てしまう場合もあるようです。

もちろん物価の違いもあり仕方ないのですが、地域格差が非常に大きいのが現実です。

また、会社によっても年収は異なり、会社の従業員が多ければ多いほど給料も上がっていく傾向があります。

社員の人数が100人未満の小規模な会社と、1000人以上も従業員がいる大きな会社を比べると、何百万単位で年収が変わるようなので驚きです。名前も知らない会社と有名な会社の2つのタクシーが並んでいたら、やはり信用もある有名な会社を利用する方が多いため年収に差が出てしまうというのも理由の一つです。

平均年収はさほど高くないタクシー運転手のメリットについて

どのような仕事にも言えますが、どんなにデメリットが多い職種でも必ずメリットも存在します。タクシー運転手で言うデメリットは、基本的には収入が低い、長時間の勤務で身体の負担が大きいなどでしょう。

メリットとしては一体どんな事が挙げられるのでしょうか。併せてタクシー運転手に向いているタイプを紹介しますのでチェックしてみてください。

タクシー運転手のメリット

  • 運転免許があれば経験や資格年齢などを問われない
  • 運転中は一人行動のため、会社の人間とのトラブルやいざこざなどが少ない
  • 定年が遅いため、歳をとっても仕事を続けることが出来る
  • 働き方を選びやすい
  • 休憩のタイミングなどが固定されていないので、比較的自由に動ける

タクシーの運転手に向いているタイプ

  • 気配り上手
    基本的な業務はお客様を目的地まで無事に送ることですが、お客様を増やすために努力することも必要です。冷暖房を快適な状態に設定したり、話すのが好きなお客さんであれば話を聞いたり、逆に静かに乗ってたい人には無理に話しかけずに送り届けたり、その時の状況やお客様によって気の利いた対応を取る必要があります。
  • 体調管理が出来る
    お客様を事故なく送り届けなければなりません。寝不足なんてもってのほかです。長時間勤務も多く不規則で体調も崩しやすいため、無理なく休養をとって安全に運転できるように体調の管理をしなければならないでしょう。

タクシー運転手で年収を上げるためにするべき事

タクシーの運転手は、先程も触れたように自分が頑張っただけ年収を貰える、歩合の要素が大きいです。

そのため、タクシーの運転手で効率よく年収を貰うためには、お客様を沢山捕まえるのが一番効果的です。
沢山人を乗せるためには稼げる地域を頭に入れておく必要があるでしょう。また、沢山人が捕まるのは平日なのか休日なのか、何時位に一番人が集まるのか、なども頭に叩き込んでおく事が重要です。

また、上記で紹介したように会社によっても年収が大きく変わりますので、歩合率や、会社の大きさなど事前にしっかり調べる必要があるでしょう。