遠距離恋愛の彼と結婚!会社を退職するときに伝えるタイミング

遠距離恋愛で愛を育んできた彼にプロポーズをされて結婚することになったとき、場合によっては会社を退職するという選択肢を取ることもあります。

結婚で会社を退職することになったら、一体どのタイミングで会社にそのことを伝えれば良いのでしょうか。なるべく円満に、揉め事のないように会社を退職したいと考えるものです。

ここでは、結婚で会社を退職するときに会社に伝えるタイミングについてお伝えします。会社に迷惑をかけないように、非常識にならないように伝えることを心がけましょう。

また、伝えるときの注意点や揉めない方法、会社を退職した後の女性の働き方についてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同棲のタイミングを考える。大学生同士の場合のメリットや先輩談

実家を離れて大学に通う大学生のみなさん。仕送りやバイトのお金だけで生活をするのは大変でしょうか。...

右薬指に指輪をしている男性には恋人がいるの?恋の悩みを解決

気になる男性がもし右薬指に指輪をしていたら。結婚指輪は左薬指にすることから、右薬指に指輪をするの...

左手薬指に指輪をする男性は既婚?男性心理と結婚指輪の見分け方

気になる男性の左手薬指に指輪が光っていたら、もしかしたら結婚しているのかもしれないと不安な気持ちを抱...

同棲の生活費の負担割合は女性にこそ折半がおすすな理由

これから同棲を始めたいという時には、生活費は二人でどのように負担すれば良いのか話し合っておくことをお...

告白のセリフはシンプルがおすすめ!ストレートに伝えましょう

告白のセリフはシンプルが一番伝わりやすいようです。もちろん、相手の好きなところ、自分の気持を伝えるの...

初デートで会話が続かない原因!盛り上がる会話内容にする会話術

初デートで会話が続かない経験をしたことがある男性もいますよね。今までに初デートで苦い経験をしたことが...

遠距離恋愛の浮気はバレる!彼の浮気を見破る方法と浮気する理由

遠距離恋愛中の女性の中には、彼氏が浮気しているのではないかと女の勘を働かせている人もいるのではないで...

結婚のタイミングが合わない彼氏との別れを考えたときの判断基準

結婚のタイミングが合わないと、彼氏と別れるか・それとも彼氏のことを待つか悩んでしまうものです。...

顔でかい男はモテない?顔が大きいことのメリットとモテる方法

「顔でかい男はモテない」という思い込みをしながら生活をしている男性は多くいます。実際、顔が大きい...

30代カップルの別れ・女性が後悔しないための考え方と別れ方

30代のカップルの多くは、結婚を意識したお付き合いをしています。別れは結婚のチャンスを失うことになる...

彼氏が彼女のことを自慢したくなる職業はコレだ

男性にとって彼女がいるということ自体が自慢のタネではありますが、その彼女がこんな仕事をしていたら、さ...

バツイチの彼氏は子なしだけど、このまま結婚しても良いのか

世間の女性がお付き合いする相手の中にはバツイチの彼氏という場合もあります。それが仮に子なしだった...

バツイチ彼氏の前の奥さんとの子供の話を聞きたくない本音

今お付き合いしている彼氏がバツイチというあなた。彼自身に問題はなくても、前の奥さんとの子供の話を...

親への挨拶!彼女の親に結婚前提の挨拶をするときのポイント

お付き合いをしている彼女との結婚を考えているとき、彼女の親にも結婚前提のお付き合いをしていることを伝...

同棲中の彼氏が結婚しない理由と本音。結婚に踏み切れない心理

彼氏と長く同棲しているのに、なかなか結婚へと踏み切るきっかけがないという話は良く聞きます。特に女性側...

スポンサーリンク

遠距離恋愛の彼と結婚して会社を退職することに!会社に言う一般的なタイミング

人生の中にはたくさんの転機があります。
結婚はそんな転機の中でも、非常に大きな出来事です。

遠距離恋愛していた女性は、結婚を機に会社を退職し、住む場所も変わります。

一気に生活環境が大きく変わることになります。

結婚に向けての手続きや引っ越しの準備で忙しくなるとは思いますが、会社を退職する旨はきちんと前もって伝えて下さい。

仕事を退職する場合、理由に関係なく1ヶ月~2ヶ月前には上司に報告をするべきです。

引き継ぎ業務や手続きの関係上、退職するまでに余裕をもって準備出来る期間が必要です。

業務内容によっては、引き継ぎにもう少し長い期間を必要とする場合もあるので、余裕を持つことは不可欠です。

また寿退社という言葉で忘れてしまいがちですが、結婚を機に退職することは自己都合による退職です。

絶対に希望時期に退職出来るとは限らず、場合によっては退職日が延びることも考えられます。
引っ越しなどのために必ず希望時期に退職しなければならない場合は、さらに早めに退職の意思を伝えておくべきです。

半年くらいの期間があれば、引き継ぎなども問題なく終わらせることが出来ると思います。
少し早すぎるかなと感じるくらいから、伝えておいても大丈夫です。

遠距離恋愛の彼と結婚!結婚と退職を会社に言うタイミングは結婚式の時期も考えて

会社を退職する旨を伝えるタイミングは先ほど紹介しました。
常識的な期間から考えると、遠距離恋愛であってもそうでなくても伝える時期に大きな差はありません。

ただ、結婚式を予定しているなら、もっと早めに伝えておいた方がいいでしょう。

会社によっては結婚式当日に全員が休めるとも限りません。
直属の上司やお世話になった先輩など、必ず結婚式に出席してほしい人が確実に休みを取れるためには、早めに日程がわかっていた方がいいですね。

遠距離恋愛の彼とだと、結婚式の準備も思うようには進みません。

電話やメールで連絡を取ることも出来ますが、お互い仕事をしながらだと満足な時間を確保することも大変ですし、直接話して決めたいことだってあるはずです。

会社に余裕を持って伝えられれば、会社側にも余裕が生まれるので配慮してもらえるケースもあります。
これは結果として自分のためにもなります。多くの人に祝福してもらいたいので、会社の迷惑にならないためにはということもきちんと考えましょう。

会社を結婚退職するときの注意点

結婚を機に会社を退職するとき、いくつか注意すべき点があるので紹介していきましょう。

退職する時期

先ほど退職する旨を伝える時期について紹介しましたが、ここで話したいのは実際に退職する時期です。

退職する時期が会社の繁忙期と重なってしまうと、一番忙しいときに戦力を失ってしまうことになります。
いくら事前に伝えていたとは言え、これでは会社に迷惑をかけてしまう結果となってしまいます。

会社への迷惑が最も少ない時期はいつか、ということを注意して時期を決めるようにしましょう。

伝える相手

会社を退職することが決まったら、まず誰に報告しようと思いますか。

場合によっては報告する順番を間違えたことによるトラブルも起こりかねないので、実は伝える相手やその順番は大切なことなのです。

  1. 直属の上司
  2. 同じ部署などでお世話になった先輩
  3. 同僚

と目上の相手から順番に伝えるようにして下さい。

謙虚な気持ち

先ほども紹介したように、結婚を機に退職するということは自己都合での退職となります。

あなたの退職に伴い、会社では新たな人員を確保したり、退職に向けての手続きを行う必要があります。
お世話になった会社に最後の最後まで貢献する気持ち、謙虚な気持ちを忘れないで下さい。

遠距離恋愛で結婚後は彼の近くに引っ越し!会社と揉めずに退職する方法

遠距離恋愛の彼と結婚する人は、退職後は彼の待つところへ引っ越すことになります。
結婚の準備、引っ越しの準備、退職の準備と一気にたくさんのことが押し寄せてくるので、非常に大変で忙しくなると思います。

常識的なことを踏まえていれば、退職するときに会社と揉めるということはほとんどないと思いますが、確実に揉めないためには会社の規定をしっかり守り、上司との連絡は密に取るようにして下さい。

結婚で会社を退職したあとの女性の働き方

お世話になった会社を退職し、新たな地での新生活を迎えることになりました。
結婚をして会社を退職すると、その後の女性の働き方には大きく分けて三つあります。

パート

上手に家庭と仕事を両立したいと考えるなら、最初はパートとして働くことをおすすめします。

慣れない環境で生活をするというだけでも、実は思っている以上に神経を使い疲れるものです。

最初は労働時間や日数を選択しやすいパートとして働き、少しゆとりを持つことも大切です。

パートだと結婚している人も多いので、仲良くなるキッカケも作れそうですね。

社員(正社員、契約社員、派遣社員)

新しい場所でもバリバリ働きたい、と意欲に燃えているなら社員として働く選択肢があります。

仕事内容が濃く責任もありますが、その分やり甲斐もひとしおです。

給与の面でも最も安定しているので、将来のために貯金も出来るでしょう。

専業主婦

結婚したからこその働き方です。

専業主婦は会社に属した働き方はしていませんが、家を守るという大切な仕事をしています。
旦那さんが安心して仕事に集中出来るためには、家庭環境が整っていることは不可欠です。

新たな場所での新たな生活には不安もあると思います。
しかし、せっかくの結婚生活が不安ばかりになってしまうのは残念なことです。旦那さんの力も借りながら、心地よいライフスタイルを少しずつ見つけていって下さい。